忍者ブログ

うさぎの暖くん・闘病記録

ネザーうさぎの暖くんは事故で腰椎圧迫骨折で下半身麻痺。でもリハビリをしながら楽しく元気に暮らしてます!

2020.05.30
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008.02.16

CIMG7755.JPG2~3日の通院で暖のお腹は安定、回復しました!よかったー。
胃腸の動きを改善する注射+栄養注射で体にテコ入れし、好きなご飯を与えるようにして。
一時期ペレットも殆ど食べなくなったのでヒヤヒヤしましたが
いつもの流動食や野菜、牧草は食べてくれたのでよかったです。

もうお部屋で走り回ったり、すっかりいつも通りです


CIMG7758.JPG今回、流動食をいっぱい作ったために専用のペレット粉末
(乳鉢で擦るお手製)が終わったのでまた作りました。
ってか旦那にやらせました。
これが結構力仕事で、手のひらが相当痛くなるんです。
バニセレが乳鉢で砕けるまでに時間もかかるし。

「こんなに大変なら最初に言え!」と旦那に恨めしく責められ…
へへ…
大変なんだよー。

PR
2008.02.11
食滞…?
昨日朝、チッコ絞ったときに暖の少しお腹がコロコロ言ってる?と思ったら晩になって帰宅して様子を見たら明らかにおかしい。
お腹ゴロゴロがずっと止まらなくて●も少なくなって、ご飯を全然食べてない。
これはー…まずい。もっと早く気づきたかった!
原因は寒さ?冷え?

とにかく暖かくして、お気に入りの特製流動食を作る。
数時間掛けて食べてくれました。
最低限は食べようとする。チッコは絞れば出る。●も食べた分だけ小さいけど出るので
夜間病院にも電話したけど、様子を見て朝病院に行くことにしました。
今は怪我をして食欲がまったくなかった時にも処方してもらった胃腸の調子を整える薬を投薬してもらって安静にしてます。

油断できないなぁ…ほんとに。
明日は遠い病院へ行く予定だったけどこりゃ延期かな。
2008.01.28
CIMG7679s.jpg晩ごはんの時間に、暖を居間に放ちます。
最近は寒いんで自分からコタツに入るとなかなか出てきません。

尚、コタツは暖仕様になっており、ふかふかケットを敷いて
牧草も少し入れてあります。
部屋にはペレットと水も用意して脱水しないようにしてあります。
至れり尽くせり。
むしろ人間足入れる場所のが制限されてる仕様。

で、私が人間の晩御飯を作ってる間、ずーっとコタツで寝転んだり牧草を食んだりして寛いでる。
コタツ布団を上げて覗いてみても出てこない。
いいよなぁー私が冷たい台所でガチャガチャやってる間、全身ヌックヌクだもんなぁ。

いい加減に体がふやけそうになった頃、引きずり出して水を飲ませたりしてますが
その表情はえらくご満悦なわけです。

足や排泄の自由が利いていたころは、逆にできなかった事だわ。
ワンシーズンでコタツ掛けカバーを姫と暖にチッコでびっちょりにされたもん。
生地も掘られたりかじられたりして穴開いたし。
今年は生地を食いちぎろうという発想はないみたいで
軽く掘ったり、純粋にコタツのあったかさを楽しんでます。
ちなみにコードには無関心。
噛まないように上の方に吊り上げてますが、目にしても噛みません。
2008.01.22
CIMG7525s.jpgデジカメでこんなふうに←撮れると嬉しいな。
今デスクトップの壁紙にしてたりして。

今日来客があって、暖も美も可愛いですねって言われたよぅ。
純粋に嬉しいよなぁー。
ただの見た目にしても、この子達にかけた愛情がにじみ出てるから
可愛く見えるのだと信じて疑わない私(笑)

どの動物もそうだよね。
信頼関係が成り立ってて安心感をもって過ごせれば自然といい顔になってくる。
うちの子たちにはみんなそうやって過ごして欲しいモンなー。
2008.01.20
CIMG7428.jpgえーと、明日は雪、ということで横浜の病院から予約変更しましょうというお電話が来ました。

先生…出張から戻ってこれずにいるのかな?
次の予約は28日に変更!となりました。

そんなわけで明日は午前は旦那につきあってパチEVA新台を狙いに行って
午後は家で仕事三昧となりそう。
あ、今も家で仕事してますよ!
でもEVAだけは初打ちしておきたい感じなので…モゴモゴ。

一方で年末から始めたバイトがあるんだけど、
明日がオープニングなのですが…みんな、頑張ってー!
私は水曜から入るデス。

さて、今日のフォトは1日4回のチッコ、基本スタイルを激写したものです。
各家庭ごとのやり方ってあると思うんだけど
我が家では椅子に座って膝の上で、このように腰をつかんで膀胱を下へ圧迫してやります。
敷いているのはペットシーツ。
ご機嫌がいい時に撮ったので気持ち良さそうでしょ?
機嫌悪いとすぐこのペットシーツをビリビリに裂くんです!

ちなみにチッコ絞りはお父ちゃんが上手くて早い。悔しい!
私は体を逆向きにしてもらった方が、圧迫しやすいんだよな~。
2008.01.11
CIMG7582s.jpg私の足元でまぁるくなった暖ち。
(うるさい背景柄は冬季特別設置している毛布です)

…なんだかすごく丸く収まってる。
ということでデジカメを構えるとすぐバレる。

起動音で気づいて、起き上がってにじり寄る!

いいんだって!来なくって!
そのボーっとしてるのが撮りたいのに(汗)
そういうわけで3コマ写真になりましたヨ。

ところで、体調が非常に良いので、2日に1度飲ませていたお薬を一回止めてみることになりました。
このまま良好ならお薬なしの生活に戻ります!
また一歩前進です
2008.01.10

CIMG3101.JPG今日は暖がジュニアの頃の写真をUPしていましたよ。

暖くんは、うさショップに居たのを一目惚れしちゃってお迎えしました。
我が家のうさぎ、姫に続く2羽目でした。
今見ると頭が小さいなぁ…生後…5ヶ月くらいの頃かな?

大事にしてたはずなのに、怪我させてしまってゴメンね…
まだ元気に跳ねてたときの写真を見るとちょっと辛いんだけど。

救いなのは、当人が性格も変わらずに、今まで以上に人間に寄り添って
一緒に居る時間を楽しんだり、甘えたりしてくれることです。

体を掻いてあげると私たちの腕を舐めてくれたり、人が歩くのを追ってついて来たり…。
そういえば小さい頃と変わった点もあるな。

今までは鳴きうさぎではなかったのに、足が悪くなってから意思表示で
「イヤ~な時」はキュッキュ、とか言うようになった。

よく、危機的状況になると「キュー!」と鳴く事がある、とか飼育書には載ってるけど
暖は「ヤだよ~!」とか「何するんだよ~!」言いたい時なんかに鳴いてます。

あ、決していじめたりなんかしてないよ!?
例えば足のテーピングとかお風呂入れる時に抵抗しながら「キュッキュッ」とか言うわけです。
で、こっちは「ハーイ、お風呂~キュッキュ~♪」って感じで、受け流してます(笑)

2008.01.06
Image102.jpg 
はなちゃん農場(公共の貸し菜園)で育まれた
無農薬白菜・カブ・にんじん・ブロッコリーの葉などが届きました。
ありがとう~!
写真は携帯で撮ったからちょっと色が変だけど…
ブロッコリーの葉に噛り付いてる暖と美(暖の息子)だよ。
もっしゃもっしゃ食いました。
こればっかりは狂ったように食べるんだよね。
渡す時も「よこせ!早くよこせよ!」って柄が悪くなる感じ。
生野菜はいつも1人(あ、1うさか)1~2枚程度にしています。
食べすぎはいけないからね。
でも、色々なものを小量ずつ試して与えるようにしています。
というのも食欲低下で強制給餌寸前になった時は、
とりあえず好物を自分の意思で食べて欲しいからです。
強制給餌はうさちゃんも飼い主も大変ですから~…
うさたちの好みを把握して、困った時にその食材を応用できるようにしたいんですよね。
薬を混ぜたり、流動食に混ぜて食欲促進させたり。

どうでもいいけど、今さっき、暖は旦那の服についてた米粒をぱくっと食べたヨ。
「だんち!何食ってるんや!?」と言われてもケロリ。
「お父ちゃんごはん粒、服に付いとったで。おれ食っといた」という態度で…。
  BackHOME : Next 
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カウンター
最新CM
[04/02 ふじはら]
[03/05 はぴのぐらんま]
[02/14 ふじはら]
[02/01 ゆう]
[02/01 がじゅう]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
年齢:
13
HP:
性別:
男性
誕生日:
2006/08/12
職業:
うさぎさん
趣味:
お部屋遊び
自己紹介:
ネザーランドドワーフのオレンジ。
2007年9月17日に腰椎を圧迫骨折し、下半身が麻痺してしまった後、闘病・通院リハビリをしています。
Ranking
にほんブログ村 うさぎブログ うさぎ 闘病生活へ にほんブログ村 うさぎブログ うさぎ 多頭飼いへ にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ このサイトを登録 by BlogPeople
励みに…よかったらクリックお願いします! ペットの森ブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
うさぎーずRanking
バーコード
忍者アド
アクセス解析

うさぎの暖くん・闘病記録 wrote all articles.
Powered by Ninja.blog / TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]