忍者ブログ

うさぎの暖くん・闘病記録

ネザーうさぎの暖くんは事故で腰椎圧迫骨折で下半身麻痺。でもリハビリをしながら楽しく元気に暮らしてます!

2017.09.26
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008.12.11
元ペットホテル業者がペット31頭を保健福祉事務所に持ち込み… 【記事】

ただ批判の為にブログに書くわけではないのです。
持ち込まれた子たちを考えるとスルーできなくて、書きます。

「元業者は宇多津町内でペットホテルを経営するとともに、動物愛護団体も運営していた。
いずれも昨夏までに廃業・廃止したが、自宅では40頭近い犬猫を飼い続けていたという。」との記事だけれど。
一定期間後は殺処分になるのがわかっていて持ち込めるとは…

商売は廃業したらいいけれど、一度引き受けたワンコたちの命を投げ出すという非道に言葉を失いました。動物愛護団体を運営していたなら、そういう同士のネットワークもあっただろうし他の愛護団体のサポートを受けながら里親探しを進めるとかできなかったんだろうか?って不審に感じます。
もちろん、記事の写真を見ればすぐに里親が見つかりそうな子は少なそうですが…

うちも一応、反復しての繁殖・生体譲渡・販売があるので業者登録しているけど自分たちで責任とれる範囲での活動にしています。当然ですよね。他の皆様もそうだと思います。
だって、どの子がいつどんな病気になるか・けがになるか分からないし生まれた子でも販売したり、里子に行けない子が出るかもわからないんですから。
縁あって我が家にいる子達に充実した日々を過ごさせるので精一杯という感じです。

業者として、飼い主として、手を広げ色々な子を救うつもりで活動しておきながら、
最後には破綻・投げ出して処分するなんて…
犬や猫といった動物は可愛いし、賢い子が多くて、自分の飼い主が何をしてるか大方わかってると思います。
その子達が見捨てられて傷ついた心でいることを想像すると、いたたまれない…
かといって私自身が手を差し伸べることもできないのですが(自分でできる行動の範疇を超えているから)せめてブログに書いて周知され香川県地元方面の方でなんとか救ってくれる人達がいればと願っています。

実家の猫も捨て猫だったりしたことを思うと、本当に救ってもらえるかどうかって重要。
生死を分けるポイントですよね。
実家で飼っている猫のトラちゃんというオス猫がいるんですがこの子も捨てられた子でした。
もう11歳を超えていて今は捨てられてた記憶なんかなくて「なんのこと?」って感じですが、拾った私はよーく覚えてます。マンションの垣根のところに捨てられて連れ帰り飼うかどうか、2~3日迷った記憶があります。お尻が切れてて、治療が必要そうだったから捨てられていたのかもしれません。
まだ小さな子猫だったんだけど必死に鳴いていて、マンションの廊下にこだましてたんです。
結局800戸ある家々の中からウチが引き受けた形だったんですよね…
あの時連れ帰ってなかったら、誰かが保健所に連絡してたかもしれないんだし、恐ろしいことです。

ああ…切ない。
私も我が家のうさぎーずを幸せに過ごさせる為、稼いだり節約したり安い店探したり頑張らなくちゃ!(焦)
いつ何があるか分からないと思うと本当に焦ってきます…。責任ある多頭飼いを全うすべし!ですよ。
PR
Post your Comment
Name
Title
Mail
URL
Color:
Comment
pass  emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
同じ繁殖している人が言えるのでしょうか。先に何があるかわからないだろうに。なんかお金ないと常に書いてありますよね?自分の責任の範囲とは繁殖した子をすべて飼う責任もあると思うけど。里子に出した子もすべて把握できてるの?
そもそもカテゴリー違いのタイトルと記事ばかりだから信用性ない気がする。
はせ: 2008.12/11(Thu) 17:33 Edit
はせさんへ
動物への高い関心からの投稿だと思います、コメントありがとうございます。
私の方では里子の子達はすべて把握しています。一々他の方々に周知する必要はありませんので、HP、ブログにはあまり載せませんが個別に連絡やり取りさせて頂いています。
お金についてはうさぎ以外の卸事業仕入など、詳細書く理由ない出費もありますのでブログではごく一部の記載となっています。この不況で個人事業も楽でなく、今月仕入や病院通院で苦しいなーという心境を書いたりしている次第です。(というかそこまで読んで頂いていたのですね)
なお、繁殖して全てを飼育することを絶対と考えていませんので、はせさんとは異なる考えであるとご理解ください。そして放棄・放置しているわけでもありません。(このことについて長々と議論する気はありませんので延長戦的コメントはご遠慮下さい)
カテゴリーについては何のカテゴリーなのか解りかねるのですが(ランキング登録カテゴリーなのか、ブログ内カテゴリーなのか)こういったメディア情報についての信用性はご自身で判断いただければ幸いです。ランキングカテゴリーについてのことでしたら、見直していこうと思います。ただ私としては日記的・主観的に書いているだけなので、それ以上の情報を求められても無理ですので、申し訳ありませんがご了承下さいませ。
ふじはら: URL 2008.12/11(Thu) 17:55 Edit
無題
難しい問題だと思います。考え方は人それぞれ
だと思います。しかしふじはらさんは、動物
に対しての責任感は誰より強いものがあります。
だからこの様な問題にも触れているのです。
ブログって色々な人の目に触れていくものですが
個人的意見を、一方的な考えを述べるのも
考えものです。みんなで、動物を愛する人間で
色々な問題に、一人一人個人で動物を助けて
いきましょうではありませんか!!
ちかこ: 2008.12/11(Thu) 18:19 Edit
無題
何ともやりきれないお話ですが、大なり小なりこういった事って、結構あるのでしょうね。
善意と愛情で始められたことには違いないのでしょうけど、どこかに甘さがあったのでしょう。
この不況下ですから、里親探しも難航したのでしょうね・・・。
せめて、この記事を見て、里親に名乗りを上げてくださる方が現れるのを祈るばかりです。
私的には、好みの子がたくさんいるのですが、今の生活でイヌは絶対に無理だし・・・
もどかしいです。
私が子供の頃は、動物は拾って飼うのが一般的でした。
捨て猫、捨て犬、捨て鶏、その他、拾った鳥さん、亀さん・・・たくさん飼いました。
今じゃ、そんなのも珍しい事になっちゃったんでしょうね(寂)
ちゅんちき: URL 2008.12/11(Thu) 22:34 Edit
◆お返事◆
ちかこさんへ
正直、普段からこういう話題について書いたりしないんですが、書いたら書いたで色々言われたりするものですね。あまり大きな記事じゃなかったので、閲覧される機会が少ないとやりきれないなと取り上げたんですが…。
動物達を救うボランティアとか手広いことはできませんが、自分のもとに居る子達はケアして大事にしてあげたいです。そして里親さん達やうさ友達とうさとの生活を共感していけたらいいですよね。

ちゅんきちさんへ
本当に…ちゅんきちさんのおっしゃるように、私も今の生活では犬は無理、猫もアレルギーで無理(実家にいますが・汗)です。拾った鳥といえば、カラスや雀を保護してましたが…今は珍しいんでしょうかね!?
ペット業界での処分、薬事業界での処分、アパレル業界でのファー使用、いろいろあると思いますが自分達も無関係ではない社会の中のこと、一概に否定は出来ず、個人で出来ることは少ない…でも何とかならないのかと悲しく思ってしまいますね。
ふじはら: 2008.12/11(Thu) 23:12 Edit
Trackback
この記事のトラックバックURL:
  BackHOME : Next 
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
最新CM
[04/02 ふじはら]
[03/05 はぴのぐらんま]
[02/14 ふじはら]
[02/01 ゆう]
[02/01 がじゅう]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
年齢:
10
HP:
性別:
男性
誕生日:
2006/08/12
職業:
うさぎさん
趣味:
お部屋遊び
自己紹介:
ネザーランドドワーフのオレンジ。
2007年9月17日に腰椎を圧迫骨折し、下半身が麻痺してしまった後、闘病・通院リハビリをしています。
Ranking
にほんブログ村 うさぎブログ うさぎ 闘病生活へ にほんブログ村 うさぎブログ うさぎ 多頭飼いへ にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ このサイトを登録 by BlogPeople
励みに…よかったらクリックお願いします! ペットの森ブログランキング
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
うさぎーずRanking
バーコード
忍者アド
アクセス解析

うさぎの暖くん・闘病記録 wrote all articles.
Powered by Ninja.blog / TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]